今のところ楕円



晩ご飯を食べに駅前に出る。大学が近いので、カラオケや居酒屋の前には学生が大勢たむろっている。新入生の4月15日。授業、サークル、バイト、一人暮らし。いろいろなことが同時に始まって、忙しい時期だ。前を歩く女の子が、楽しそうに携帯で誰かと喋っている。「ちゃぶ台を丸型にするか楕円にするか迷ってんねん」「家具はちゃぶ台だけにしようと思ってて」「今のところ楕円」。ああ、なんて楽しくも不安な毎日!

独自ルールはご自由に



いろいろあって(ないが)、最近「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマアプリを利用しているのだけれど、サービス自体の歴史が浅いこともあってか、何か独特のムードがあって面白い。

驚いたのは、出品者と閲覧者の間での値引き交渉が活発なことで、そうか、ここは値段がせり上がっていく「オークション」の場ではなく「フリーマーケット」なのだ、と思い知る。ただまあ、あれですね、780円で出品されている商品に対して「700円になりませんか?」「すみません、ちょっと厳しいです(_ _;)」というようなやり取りがなされているのを見ると、なんだか面倒くせえなと思ってしまうのは、私がおっさんだからでしょうかね。そう、圧倒的に女性ユーザーの方が多いように見受けられるのも、フリマっぽいと感じるところだ。

メルカリには、ユーザー側で作った独自ルールのようなものもあって、例えば「即購入不可」と書かれた商品は、まずコメント欄に「購入します」と書き込んでから、自分専用の商品ページを作ってもらって購入するのがお約束らしい。運営側はこうした独自ルールを認めていないらしいが、それでもそんなルールが勝手に出来上がっていったという事実が興味深い。いろいろあったのだろうなと想像が膨らむ。

思い出すのは、昔twitterのプロフィール欄でよくあった「フォローリムーブご自由に」という記述だ。フォローするのもフォローを外すのも自由なのは当然なのだが、わざわざ「ご自由に」と書いてある。これ、おそらくmixiの「マイミク」文化が影響したと思われるのだが、フォローを外すと相手が気を悪くするのではないかという危惧が前提としてあり、またフォローするのにも「フォローさせてもらいます」のひと言がないと気味が悪いと思われるのではないか、という心配もあって、そこであえて「フォローリムーブご自由に」と書くことによって、私はそういうの気にしない人ですよ、なので私の方も、断りもなくフォローしたりフォロー外したりしますよ、と高らかに宣言しているのだ、ああ、なんだか面倒くせえな。

近所を愛でる



日曜、ぶらぶらと近所を散歩。あちこちで桜が咲いている。川沿い、学校、公園、寺や神社、お屋敷の庭。歩いていける範囲だけでも、意外とたくさんあるものだ。あまり花や木に詳しくない僕は、咲いて初めて「あ、この木、桜だったのか」と気付く。散るとすぐに忘れるので、来年にはまた「この辺、意外と桜多いな」などと思うのだろう。

昨年見つけた、桜が山盛りの小さい公園のベンチで休憩。ひとりでワインを開けて、グラスで飲んでいる男がいた。

咲きっぷりのいい桜には、カメラやスマホを持った人たちが集まっている。ここ数日のブログやインスタは桜の写真だらけだろう。色の統計をとったら面白いかもしれない。毎年4月のある時期、1週間ほどだけ、日本のネットは白とピンクが急激に増える。11月下旬には赤と黄色とオレンジが優勢になって、あとはほとんど茶色と肌色。犬猫と子供と自撮り。