どうにもできない日々


minne(ミンネ)でも小冊子の販売をはじめました。よろしくお願いします。
minne.com/@miyakkd

たくさん本を読んだり映画を見たり、あるいは絵を描いたり文章を書いたり、できる時間は山ほどあるのに、どうにもできない。コロナウイルスによる世界の見通しの立たなさに、真綿で首を絞められているような気分になり、生産的なことが手につかない。
仕方無しにテレビを見ていると、ワイドショーなどでのリモートディスプレイの使い方が、日に日にこなれていくのが面白い。スタジオにいる司会者とサイズをあわせたディスプレイをテーブルの端に寄せて設置すると、さもそこにコメンテーターが座っているかのように見える。コロナ後もこれでいいんじゃないか。さて、その「コロナ後」はいつになるのか。

GEZANのCDが届く。すごい。強力に効いた。

鬱々から淡々へ


おうちで過ごそう、と言われなくても普段から家にいる。そのため生活は変わらないはずなのだが、テレビやネットからなんだか不安な空気を感じてしまい、鬱々と過ごす日々だ。そんな中、自宅マンションの大規模修繕が始まり、足場を組んだりドリルで穴を開けたりと連日けたたましい音が響く。作業員たちは妙に仲がよくて、よく冗談を言っては笑っている。彼らも不安だろうに、一生懸命普通を装って仕事に励んでいるのだろうと、少し心が慰められる。

淡々と、いまできることをしよう、ということで、web通販に新商品をアップしました。曰く有りげな商品ばかり扱う「アンセルム商会の奇妙な商品目録」と、小さな声が響く部屋シリーズ第2弾の「千年前から朽ちた城」です。家活動のお供にどうぞ。

IMG_0989

近々、原画の販売もしたい。積んであった本を読み、録りためてあった映画も見よう。そして新しい小冊子も作りたい。静かに、そして淡々と。

そんな感じで生きている


週末、散歩がてら大徳寺へ。こんな時期だからか、外国人観光客は殆どいなかった。有料公開されている塔頭のひとつ、龍源院に入ってみる。きれいな石庭があって、非常に静か。のんびりする。龍源院を出て、図書館へ向かう。大徳寺は広いので、まだ5分の1ぐらいしか歩いてない。次は別の塔頭に入ろう。

図書館で本を返した後、喫茶店で甘味を食べる。この喫茶店、前にも来たことがあるらしいが、思い出せない。店の名前も分からないし、もう一度行けと言われても無理だろう。だいたいが、そんな感じで生きている。