クリエイターズマーケット、ありがとうございました


6/26、27、名古屋クリエイターズマーケット vol.44 に参加しました。昨年は開催されなかったので、丸2年ぶりの参加になります。

今回、クリマのサブイベントなどは中止になるものが多く、お客さんも少なめでしたが、それでもたくさんの方に購入いただきました。相変わらず、名古屋は私に優しい(笑)。そしてなにより、クリマがまた開催されたことを喜びたいですね。

当ブースを訪れてくれた皆さん、ありがとうございました。

名古屋クリエイターズマーケット vol.44 に参加します


6/26、27、名古屋クリエイターズマーケット vol.44 に参加します。
場所はポートメッセなごや、ブース番号は「K-3」
開催時間は11:00 ~ 18:00です。

今回、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、来場者の皆様にも連絡先の事前登録をお願いしています。詳しくは【お知らせ】ご来場予定のお客様へを御覧ください。

Just Like Honey


1/17(日)に出展を予定していた「第5回文学フリマ京都」ですが、コロナウイルスの流行に伴い、イベント自体が中止となりました。

数年前に録画してそのまま放置してあった映画「ロスト・イン・トランスレーション」をようやく見た。この退屈一歩手前ぐらいの感じはなんやろな、と思いながら中盤を過ぎ、たどり着いた素晴らしいエンディングを見ながら、今まで聴いてきた洋楽の中で1番好きな曲は、ジーザス & メリーチェイン の Just Like Honey なのだということに気がついた。

高校の時にいわゆる渋谷系と言われる音楽が好きになり、その過程でイギリスの音楽も聴き始めたのだが、気だるいムードでよくわからない英語の詞を歌われると、どうしても眠くなってしまう。当時流行っていたプライマルスクリームのスクリーマデリカというアルバムは、いつも4曲めで寝てしまっていた。友達に貸したら、「ミヤサキ、俺、3曲めで寝てしもたわ」と言われ、勝ったと思ったのもいい思い出だ。

ジーザス & メリーチェインはいつ買ったのか、記憶が定かではないが、そのけたたましいノイズギターのせいなのか、あるいは異様に甘ったるいメロディのせいか、不思議と眠くならなかった。2021年、もやもやとしたコロナ禍の日常を、Just Like Honey の優しいメロディを聴きながらやり過ごしていこうと思う。